藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

今日からインド

五耀會初の海外公演!
今日からインド、ニューデリーへ。
日本舞踊のレクデモと、現地のシタール奏者、タブラ奏者との共同制作。 そして現地の舞踊カタックダンスのワークショップ。
シタール羽衣、タブラ三番叟。どうなるか。
新たなる挑戦である。R

# by rankoh-f | 2016-12-05 08:24

景清

10月15日、国立文楽劇場主催「東西名流舞踊鑑賞会」に出演させていただく。演目は『景清』。祖母藤子の十八番として、自身ただ一回のリサイタル「藤間藤子の会」でも上演し、母蘭景が、「古典十種」に挙げた古典の作品。蘭黄も幾度か勤めているが、久しぶりの上演となる。心新たに踊りたい。


続きはこちら
# by rankoh-f | 2016-09-19 21:37

山帰り

相州大山、阿夫利神社で『山帰り』を踊らせて頂く。
神奈川県主催のイベント「カナガワ リ・古典」プロジェクト。http://magcul.net/focus/re_coten2015/
この曲は、大山に詣でた鳶の若い者がその帰り道、遊山旅を楽しむ様子が描かれている。神奈川宿の高台から遠眼鏡を覗いたり、土産物の喇叭で途中で出会った唐人の真似をしたり。当時の大山詣での風俗を取り入れた踊りである。曲中に当時流行っていた新内節の『蘭蝶』の一節を引用した「クドキ」が挿入されている。
ここで語られる「よつやで初めて逢うた時」と云う「四ツ谷」が何処か判らなかった。昨日、阿夫利神社の目黒宮司との話の中で、阿夫利神社の一の鳥居があるのが藤沢の四ツ谷不動堂と聞き、成る程これが取り入れられているのかと納得した。
朝、阿夫利神社下社に参拝。これから愈々本番である。R
c0134540_13514169.jpg



# by rankoh-f | 2015-11-07 09:31

稽古終了!

c0134540_06485998.jpg

サンクトペテルブルクでの6日間の振付を無事に終えた。10月の再会まで、各々で磨く。R

# by rankoh-f | 2015-07-22 06:40

信長

サンクトペテルブルクでの『信長』振付5日目無事終了。漸く最後まで振りが通り、作品全貌が明らかになってきた。
ルジマトフ氏の信長、岩田氏の秀吉。想像以上に適役となった。明日は最後の稽古。
c0134540_05255956.jpg



# by rankoh-f | 2015-07-21 05:15