藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

解説 「須磨 上」

今回は、清元「須磨」。
これはちょっと長い。踊りも解説も。

踊りは上下二段に分かれており、全部上演すると1時間半はかかる大作である。

古今集にある在原行平の和歌「立別れ因幡の山の峰に生ふる松とし聞かば今帰り来む」を元に、様々な「松風伝説」が生まれた。
能楽「松風」もその一つで、この「須磨」はこれを下敷きにしている。

須磨に流罪となった行平が、松風、村雨という海女の姉妹と恋に落ち、三年の月日を送るが、やがて行平は赦されて都へ帰ることになる。
その迎えの船がやってくる日を描いている。

その上の巻。

幕が開き、浅黄幕が落ちると、行平、松風、村雨の三人が絵のようにポーズしている。「絵面にきまる」という、歌舞伎や日本舞踊の見せ方である。

そして、まだ迎え船が来ていることを知らない姉妹が、のどかに汐を汲む様子、
都を思っての行平の述懐、
姉妹のクドキと 続く。

「クドキ(口説き)」とは、ある人物に自分の心情を訴える踊りのことで、女性の心を唄に乗せて踊る場合が多いが、
親子、主従などの間で踊られることもある。
また、実際そこに相手が居なくても居るかのようにして踊ったりもする。
日本舞踊独特の手法である。

「須磨」の場合、姉妹で一人の男を取り合う。
まず、姉の松風が「こんな田舎に、こんなに綺麗で高貴な方(松風村雨は漁村の海女、行平は都の貴族である)がやってきて恋人になるなんて夢のようだ」と語ると、
妹の村雨が「私の想いも姉さんと同じ。だから姉さんだけ贔屓しないで」と訴える。
中に挟まれた行平は、彼方へ此方へと手を引かれ、超然としている。

やがて、行平は、千鳥(鴎)が騒ぐので満潮を知り、いよいよ船出の時刻が近いと悟る。
赦されて都へ帰るのに、まさか愛人を連れては行かれない。が、行平は別れを言い出せず、二人の姉妹の恋争いの仲裁をして一緒に踊る。
この手踊りが上の巻の見せ場となる。

「手踊り」とは、賑やかで軽快な音楽に乗せて、演者全員が派手に踊るもので、その演目の中で一番盛り上がるくだりである。
その名の通り何も持たずに(手で)踊ることも多いが、時には手拭を使ったり、団扇太鼓を打ち鳴らして踊る。
「須磨」では、千鳥が騒いで満潮だと気付いた行平が、二人の恋争いを千鳥が笑ったと誤魔化すことから、「千鳥尽くし」の歌詞に乗って踊る。
「○○づくし」というのは、ある一定のルールに沿って、物事を収集、展示することで、この曲の場合は、歌詞に「千鳥」が付く。
例えば、「立つ名も侭の川千鳥、縁も深き友千鳥、夕凪千鳥約束の、月にも雲のむら千鳥、一人憂き寝をしま千鳥(島千鳥)、とは知らぬ男の憎さよ千鳥(小夜千鳥)、焦がれこがれて浜千鳥、通う千鳥の磯伝い」といった具合である。
前半の川千鳥、友千鳥あたりは、実際に使われる表現だが、「月に叢雲(むらくも)花に風」から発想した「月にも雲の叢千鳥」あたりは詩的な創作で、「憂き寝をしました」に引っ掛けた「島千鳥」、「憎さよ」の「小夜千鳥」となると完全に駄洒落の世界である。

こうした歌詞で、三人が同じ手振りで踊る。
但し、「同じ手振り」と言っても、行平は都の貴族風、松風、村雨は鄙びた海女で踊る。

「役で踊る」日本舞踊の醍醐味である。

こうして姉妹を仲直りさせた行平は、二人に先に家へ帰っているように言い、
形見を残して一人密かに都へ帰ってゆく。

ここまでが上の巻である。

ちなみに、これは文化十二年(1815)に初演された舞踊劇。
当時、所作事(舞踊シーン)は、歌舞伎(劇)の中の一場面として踊られていたが、
この作品は、はじめて独立した舞踊劇として上演されたもの。

行平は何度か演じている。
これが難しい。
まず第一に存在感がなくてはならず、
かといって現実味がありすぎると毒々しくなる。
何よりも姉妹に愛される非現実的な美しさがなくてはならず、
高貴な品格も必要とされる。
これら全てを備えながら、
しっかりと物語を伝える。

こう書いただけでも、本当に難しいと思う。R
by rankoh-f | 2008-06-22 11:21 | 一言解説

解説 「連獅子」

日本舞踊はわかりにくい、という話を耳にする。

勿論、舞台芸術に解説は不要ということも言えるかもしれない。

しかし、知識とまで言えないような、ちょっとした情報でも、
あるとないでは面白さが格段に違ってくる。

そこで、思いつくまま
解説というには個人的で、
感想というよりはもうちょっと客観的なモノを書いてみようと思う。

あくまでも踊り手の視点で。

まずは、先日の「紫紅会」の演目。

「連獅子(れんじし)」

「紅白の長毛頭を被って、勇壮に毛振りを見せる姿は、歌舞伎舞踊を代表するもの」

「かぶきぶよう」などという言葉を知らなくても、
「紅や白の長い毛をぐるぐる回すやつ」と言うと、
かつて正月の芸能人かくし芸大会などで必ずと言って良いほど見られたシーンである。

この踊りには、「前ジテ」と呼ばれる部分が前半にある。

「手獅子(てじし)」という小さい獅子を持って出て、
獅子が住むという清涼山(せいりょうざん)の有様を踊り、
獅子が我が子を深い谷底へ落とし、駆け上がってくる勇猛心があるか試すという、
中国故事を語り、さらに、獅子が蝶に戯れる様子を見せる。

実はこの「前ジテ」の部分が「連獅子」の眼目なのである。

立役(男性役)舞踊表現の宝庫。

今から約135年前、明治5年(1872)の初演。
最初に振りを付けたのは初代の花柳寿輔。
現行演出は、明治34年のものだそうで、その時に踊ったのが、
2代目市川段四郎(初代市川猿之助)と、
4代目市川染五郎(7代目松本幸四郎=3代目藤間勘右衞門)。
藤間流にはこの時に伝わったらしい。

かつて、花柳流の「連獅子」を踊る機会があったが、
単なる振りの違いと言うだけでなく、
藤間と花柳の流派の違いを経験して、とても興味深かった。

到達点は同じでもアプローチの仕方が違う、といったような感じだった。R
by rankoh-f | 2008-06-17 19:48 | 一言解説

先日寝違えて首が動かなくなった。

稽古しても回復しない。

そこで、最近行っている鍼灸院で診てもらった。

どうやら酷い肩凝りと首筋の冷えが原因らしい。
早速鍼とマッサージを施術してもらった。
鍼灸師いわく、
「こんなに悪くなる前に、週に一度位は(体調を)整えておいたほうが良いですねぇ」
たしかに、身体のメンテナンスの必要性をとても感じた。

そして、帰り際に首筋から肩にかけて「置き鍼」をしてもらった。

これが効いた。

翌朝にはまだ違和感が残っていたものの、夕方には痛みは殆どなくなり、
二日後には全く正常の状態に。

これならメンテナンスは週一回でなくても大丈夫と思ってしまった。

良かったのか悪かったのか…R
by rankoh-f | 2008-06-13 15:33

解説…

チェンバロのコンサートに行った。

細く優しい音色というイメージが、覆った。

演奏したのはこの道の第一人者、中野振一郎氏。
彼の繊細な指先が紡ぎ出す音色は、華麗で、時にとても力強い。

演奏の合間のトークは、分かりやすく、鑑賞の手引きとなり、しかもマニアック。
独特のユーモア感覚は、関西出身というせいだけではない、知的なものを感じさせて心地よい。

17世紀後半から18世紀の、(私が)聞いた事もない作曲家の作品ばかりなのに、
とても面白く、芳醇なひとときを過ごせた。

日本舞踊にもこうしたお洒落なトーク(解説)が必要だと、凄く思った。R
by rankoh-f | 2008-06-11 19:17

紫紅会―2

創作舞踊劇場公演の2週間前に無事終わった紫紅会。

今回、序幕の「藤の雨」と終わりの「供奴」に加えて代役で「流星」も踊った。

「流星」は、七夕の夜、織姫と彦星が久し振りに逢っているところへ、
流星が雷の夫婦喧嘩を告げにくる、という話。

流星が小道具の角を頭に付け替えながら、雷の夫婦、子供、婆雷の四人を踊り分け、
喧嘩の実況中継をする。
立ち座りなど、細かい動きを要するのである。

そして「供奴」。

この演目を選んだ理由は「足拍子」である。

主人の自慢をする「奴」が興に乗って、トントンと軽やかに足拍子を踏む。
最も盛り上がるところなのである。
だが、この「足拍子」を、音を立てないで踏んでいるのを最近よく見かける。
確かに、最初から最後まで同じ強さで踏んでいては面白味が全くない。
足音に七色の強弱をつけるのが醍醐味ではある。
しかし、踏む所作だけして足音をたてないと言うのでは話が違う。
確かに、間を外してドンドン踏むよりは、足音をさせない方が上手そうに見えるのだが。

「足拍子」というからにはあくまでもその足音が大事なのだと思う。

そこで、自分なりに「足音」を大切にした足拍子を踏んだ。。。

ところが、

足が重いのである。

稽古では、「流星」の後に平気に踊れていたものが、本番では物凄い負担となっていた。

やはり舞台となると普段より緊張して、力が入っていたのかもしれない。

が、それよりも、足に履く肉襦袢が脚を締め付けて、
上げ下げに余計な力を必要としていたためだった。
古典舞踊で使用する昔ながらの肉襦袢は、木綿で伸び縮みせず、
着けた時に皺が出ないよう、非常に締め付けるのだ。
だから膝を曲げるだけでも一苦労だった。

今は新素材が次々に開発されている。

肉襦袢にも新素材を取り入れて欲しい。R
by rankoh-f | 2008-06-10 23:07

オセロ

創作舞踊劇場公演が無事に千龝楽を迎えた。
今回の「青春Ⅱ終焉」では、舞台を構成する四角形、重要な小道具であるハンカチの見せ方、
終盤に至る変化など、足立恒氏の照明に、大いに助けられた。
6作品が肩を並べるオムニバスで、キリリとスパイスを効かせることが出来た…と、思う。
出演者、スタッフ一同に心より感謝する。R
by rankoh-f | 2008-06-10 08:08