藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無事終了!

昨日、無事に16回目のリサイタルを終えることが出来ました。

会場にお運びいただきました沢山のお客様に
心より御礼申し上げます。

これからも日本舞踊の可能性を探るべく
努力してまいります。

宜しくご声援ください。

藤間蘭黄
by rankoh-f | 2010-10-25 11:15

いよいよ

明日。
16回目のリサイタル。

700歳の美少年と、

ドイツの文豪の作品。

細かいことは考えず、ただ誠実に踊ろうと思う。R
by rankoh-f | 2010-10-23 21:35

禍神

昨日、城東ブロックの「踊らいぶ」七回目の公演も無事終わり、
いよいよリサイタルに向けて驀進である。

「禍神」。

前回初演時には、とにかく「あの長編を全編舞踊化する」
という大前提のもと、作った。
メフィストを主役に据え、
ファウスト博士がメフィストに誑かされ滅びるまでの一連を
「ジェットコースターに乗ったかのように」表現したかった。

が、
終わってみると、何か足りない気がしてきた。

やはり、マルガレーテである。

実は、当初、マルガレーテの悲劇を独立させ、別の一個の作品として上演するつもりでいた。
題名は「雛菊」。

主人公は勿論マルガレーテ、女形である。

しかし。

素踊りでの女形は、昨年のリサイタル「四季の山姥」や
かつて上演したことのある「賎機帯」など、
何度か勤めてはいるものの、
まだ「自分の領域」と言えるまでにはなっていない。
まだ、あくまでも「加役」である。

ではどうすればよいか。

今回は昨年の「禍神」にこのくだりを挿入することにした。
といって、この悲劇を丁寧に表現していては
あのスピード感がなくなる嫌いがあり…

そこで、原作にある、牢獄での独白シーンを挿入した。

結果、初演時よりさらに重厚な作品となる。

はずであるR
by rankoh-f | 2010-10-10 23:50

菊慈童

10月24日のリサイタル「蘭黄の会」で、
久々に「菊慈童」を踊る。

これはもともと18世紀に出来た古い作品。
長唄曲のみ残り、振りが途絶えていたものを、
今から約60年前、昭和20年代に祖母藤子が復活した。

物語の背景は、能の「枕慈童」(または「菊慈童」)と同じ。

中国古代の周の時代。
仕えていた穆王(ぼくおう)の枕をまたいでしまい山奥に流罪となった侍童が、
王から賜った枕にある二句の偈(げ)(法華経の句)を菊の葉に書くと、
その葉から滴る露が不老不死の薬となる。
それを飲み、若い姿のまま7百余年の長寿を重ねた様子を描いている。

寵愛を受けた王を懐かしみ、移ろう自然を愛で、
あるいは昔の罪を悔み、
星霜経ても歳を取らない苦しみを味わい、
仙人のような境地となり、長寿を寿ぎ、
庵へと帰っていく。

「700歳の慈童(少年)」。
見た目の「若さ」と、
精神の「老い」と、
そのすべてを超越した「愛」と。
いかに「慈童」になるか。

今回は本衣裳で挑むR
by rankoh-f | 2010-10-03 16:42 | 一言解説