藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

稽古

我々は、普段、他の方々へ稽古をつける。
いわゆる「お師匠さん」業である。
教わる方々は様々。学齢前の子供から、
お師匠さんをしている「プロ」まで。
舞踊家を目指して修行する人、
趣味で楽しむ人、
教える為に教わる人。

同じ踊りでも、
当然、教え方は様々に変わる…

が、その内容は、意外に変わらない。
振りの順番=手順に加えて、
振りの意味を理解することは、
教える為に必要なばかりでなく、
趣味で楽しむためにも勿論、
小さい子供には尚更大切である。

踊り手が、
「自分が何処から来て、なぜ此処で踊るのか」
を知らなければ、
その内容が伝えられるはずがない。と、思う。R
by rankoh-f | 2011-07-20 18:20 | 日々