藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

まだまだこれから

10月31日、19回目のリサイタルを終えた。

今回、素踊り2題というものの、
『景清』と『都鳥』という、一見全く違う作品を並べたつもりだった。
ところが、2番を続けて稽古すると、実は非常によく似ているところが多々存在した。

番組構成の時点で、自らハードルを上げていた。

『景清』は平安の武将が江戸の廓に通って阿古屋という傾城と馴染むという筋立て。
前半は源平の合戦を江戸の遊郭になぞらえた「物語」、
後半は、阿古屋と景清の恋話となる。

この恋話が『都鳥』と重なる。

『都鳥』は江戸末期の隅田川点描といった内容。
前半は船遊びの様子や深川の荷揚げ風景などが描かれるが、
後半、吉原の遊女と逢引をする恋人の様子が、『景清』に似ているのである。

片や平家の侍大将と最高位の傾城。
片や市井の船頭と下級遊女。
2組の男女の仕分けとなった。

また、前述の通り『景清』で語られるのは源平の合戦。
屋島の海戦である。船が何度か登場する。
一方『都鳥』は隅田川。これにも川舟が多数描かれる。
海の戦の軍船と川の交通の船の仕分けである。

極めつけは「振付」。
『景清』は曾祖母勘八が伝えた古典。
『都鳥』は祖母藤子が振りを付けた。
『景清』に出てくる古典の振りが、『都鳥』の随所に再構築されて登場する。
『景清』を得意としていた藤子ならではの振付ともいえるが、
並べてみると本当によく似ている。

ただし、同じ振りでも、演じる役が侍か町人か、若者か中年か、男か女かで
踊り方は全く変わる、はずである。
そしてこれが踊り手にとって技量の見せ所となる、はず。

こうしてハードルの高いリサイタルとなった。R
by rankoh-f | 2013-11-03 09:49 | 日々