藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

歌詞

新作「禍神」。

作詞をした。

踊りの作詞。

すればするほど簡単なようで難しい。
説明文になってはいけないし、
抒情が過ぎるとわけがわからない。

古典の歌詞を見ると、叙事的なものが多い。

叙事的な言葉を綴って抒情的に表現されている。

上手いものだと改めて思う。

やはり、
言うは(書くは)易く
行う(作る)は難し。R
by rankoh-f | 2009-10-05 23:26