藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

日本舞踊って…

先日、公演で来日中のロシアマリインスキーバレエのプリンシパル、イーゴリー・コルプ氏が稽古場を訪れた。

今春来日した際に友人から紹介され、その時、秋に再訪日の折りには稽古場見学したいと話していた。
ロシア人にしては珍しい律儀さで、その約束を実現したのである。

まず抹茶と和菓子で一通り旧交を温めた後、先日のリサイタルでの「一人椀久」のビデオを見てもらった。

日本舞踊は勿論、「カブキ」も言葉でしか知らない彼にとって、そこに映る踊りは未知の体験のようで、私の解説に耳を傾けながら画面を食いいるように見つめていた。
その後、稽古場の舞台上で、基本的な動きや扇の扱いについて、実際に動きながら話すと、興味深気に見ていた。

最後に記念写真を撮ったが、彼は扇が気に入ったらしく、持ち方を聞くと、早速不思議なポーズをとっていた。

それでも、それなりに形になるのはダンサーとしての資質なのだろう。R
by rankoh-f | 2007-12-03 21:47