藤間蘭黄  日本舞踊の世界

rankoh.exblog.jp

紫紅会-1

年に一度の一門の舞踊会「紫紅会(しこうかい)」を、今週末開催する。

蘭黄は、序幕に素踊りで「藤の雨」。
そして「供奴」を踊る。
さらに故障で出演できなくなったお弟子さんの代わりに「流星」も踊る。

「藤の雨」は約50年前に書き下ろされた作品で、
清元の名手、故清元志寿太夫師「節付け」によるもの。
祖母藤子が振付けたものを、今回新たに振付け直した。

さすがに名人と謳われた太夫の節付けなので、
流れるような浄瑠璃である。
が、これが曲者。
叙情に流れすぎて、「ボンヤリ」した作品となってしまう嫌いがある。

情感が滲み出て来る作品にしたい。R
by rankoh-f | 2008-05-23 00:46